1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

Share

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。「○○することが普通」という空気に自分の欲求を抑えつけられていた状況から抜け出して、人付き合いに対して自由な意思を持つことができるはず。

「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

「離婚のあとに続く道」の過去記事はこちらにて読むことができます。


「結婚がすべてではない」

「彼氏がいなければ幸せでない、なんてことはない」

そう気づけたころから過度に男性への出会いを求めなくなり、単純に「自分の時間を一緒に心地よく過ごすことが出来る相手か」「無理せず素のまま居ても良い相手か」で一緒に過ごす相手を決めるようになった。

■人付き合いも自由になれた気がした

意外にもこれは女友達にも当てはまるようになり、これまでのように無理をして女子会や定期的な同級生との集まりにも出かけなくなった。

これまでは「〇〇しなければならない」という意識に捉われていた気がしていた。


結婚しているから料理を毎日しなければならない。
20代後半になったら結婚しているか彼氏がいなければならない(そうでないと寂しい)。
女友達に誘われたら快く女子会に参加し、恋愛と仕事の「ハッピーな」近況を語らなければならない。


しかしそんなことはない。一番大切なことは自分が自分らしく心地よくいられることではないか。

当時私にとって大事だったのはこれから極めようと思っている仕事、そして自分ひとりで過ごす時間。ひとり暮らしの部屋やカフェなどで読書をする時間だった。


私はひとりでいるのが好き。男女問わず誘いはたまに気が向けば行く。一緒にいて気を使いすぎる相手なら行かない。男女共に「人付き合い」全般に関して、基準は「相手がどう思うか」ではなく「自分がそうしたいかどうか」に変えたことで私はさらに自由になった。


こうして振り返ってみると当たり前のように感じることではあるけれど、周囲の空気感や環境によってそういった意識が抑えつけられていたように思う。

■再婚相手との出会いは「心地よさ」がキーワード

ある日職場の先輩に、私が参加しているプロジェクトメンバーの一部の人間が参加する自主勉強会とその懇親会の飲み会に誘われた。

プロジェクトと言っても他部署にメンバーがたくさんいるので初めて会う人も多くいた。そして勉強会が終わった後の懇親会の飲み会でたまたま隣に座った先輩に、私は不思議な感情を抱いた。

そもそも飲み会のちょっと華やかかつ軽いかつ浮ついたトークが苦手だった。酒の入った男の先輩たちは自分たちのこれまでの仕事の武勇伝をちょっと盛り気味に大きな声で語っている。

私は愛想笑いを浮かべながら聞いていたが居心地はよくなかった。

しかし隣に座った先輩は、ときに相槌を打ちながら、ときにツッコミを入れながら、そして私にも適度に話を振ってくれた。

その絶妙な距離感が心地よい、と感じた。

飲み会の隣の席、という状況もあり通常よりは人と人の距離が近い。しかしその距離感約10センチも不快ではない。なんだか楽しくもっと話したい、と思った。

■この人だ、と思えばはやい

そして私は次の日飲み会のお礼を伝えるとともに「今度一緒に飲みに行きませんか、ふたりで」と誘ってみた。このあたりの恋愛行動力の速さは変わっていない(笑)。

そして私は彼と付き合うことになった。

Share

穂高 あんず

不倫研究家、恋愛実務家。
何故か既婚者に口説かれる事が多い。恋愛は経営学を活用しこなすことでストレスが減ると思っています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article