DRESS編集部 さんが 2014/05/28 に更新
7月号をもっと楽しむ!Editer’s Pick Up

7月号をもっと楽しむ!Editer’s Pick Up

おしゃれなだけじゃ、夏は乗り切れません! 透けない! 焼けない! 汗染みない! 高機能服で涼しげな女 これからどんどん、暑くて湿気の高い夏に向けて、不快指数が上がっていきます。冷感素材や汗染み予防素材などを活用して、夏もおしゃれをあきらめないでいられる優秀アイテムを紹介しています。

DRESS 雑誌 DRESS7月号 大草直子

SPECIAL
この季節だから両立できる「品と色気のおしゃれ」がある
大特集 いっそ、夏にゆだねよう

No trip No life !  旅はいつも私を元気にしてくれるから
大草直子のハッピーRESORT STYLE

旅は私のライフスタイルです。
寝室のクローゼットには、
旅のワードローブ専用の引き出しがあって、
いつでも旅立てるようになっています。

日焼けも家族が一緒にいられることも、
ビールを飲むことも、特別なおしゃれをすることも、
すべての要素があってこそ旅です。

非日常のシーン、どれもが気に入っています!(ファッションディレクター・大草直子)


おしゃれなだけじゃ、夏は乗り切れません!
透けない! 焼けない! 汗染みない! 高機能服で涼しげな女


これからどんどん、暑くて湿気の高い夏に向けて、不快指数が上がっていきます。
冷感素材や汗染み予防素材などを活用して、夏もおしゃれをあきらめないでいられる優秀アイテムを紹介しています。
流行の白ボトムや全身白コーディネートも、透けにくい素材でぜひチャレンジしてみてください。私も白パンツはどれか必ず一本買おうと思っています!(編集・榎本洋子)



DRESSおしゃメン部結成! 男目線を取り入れよう!
僕らも大好き! おしゃれな女性


DRESSのファッションページとしては初となる、男性目線で考えた女性のおしゃれ。
男性のホンネが飛びだしたおしゃメン座談会は、なるほどね~と納得することも多々。
この座談会以来、よく着ていた黒い服を着なくなりました。
スタイリストの森岡 弘さんが提案する、理想の仕事服も、参考になりますよ!(編集・影山桐子)



旬のカジュアルには旬のメークで
今年のTシャツは“太眉”で着こなそう!


夏のTシャツスタイルには、カジュアルなメークを合わせがちですが、今年は違います。
ポイントは眉と肌作り。
Tシャツそのものもカジュアルというよりも女っぽく着るファッションが流行っている今年は、メークもナチュラルになりすぎず、絶妙なさじ加減で抜け感を出したメークを。
Tシャツのラフな質感に似合う肌作りには、ルナソルのファンデがイチオシです!(副編集長・渋澤しょうこ)



FASHION

ハット、サングラス、スカーフ、アクセサリー……
ひと夏の主役! 派手め品あり小物


シンプルなスタイリングも夏小物が入るだけで一気に全身夏っぽく見せることができます。この企画のなかで、特にお気に入りのアイテムはスカーフ。
大判とろみ系のスカーフをふわっと巻くだけで、こなれ感が出ます。
撮影当日は、東京では雹が降ったそうですが、ロケ場所の七里ヶ浜では、風が物凄くて大変でした! (編集・金光麻理絵)



DRESSおしゃれ塾 第二回
プチサイズさんのおしゃれ服選び


背の小さい人のためのスタイリングを大草直子のアシスタント鈴木をサンプルとして提案しています。プチサイズさんはもちろん、そうでない人も、ウエストマークなどの工夫でバランスよく見せるスタイリングのアイデアが満載で、かなり参考になるはず。(編集・金光麻理絵)


サンダル×ペディキュアで、見せたい足元に
夏の足元問題は「かわい気」で楽勝です!


サンダルとペディキュアの組み合わせを、仕事とオフのシーンそれぞれで考えてみました。どれもかわいくて夏らしいデザインを集めましたが、P91の05の黄色いネイルが特にお気に入り。そのデザインを担当している「Musk」は実際に私も通っているサロンなんです。(編集・金光麻理絵)



LOOK BOOK for DRESS#14
光る女のポートレート


現在放送中の話題のドラマ「ファーストクラス」でも編集長役を演じている、女優の板谷由夏さんが「DRESS」に初登場しています! ドラマと合わせてチェックしてみてください!(副編集長・渋澤しょうこ)



BEAUTY

「特別なことは何もしていないんです……」の真相を暴く
忙しいのにキレイな“あの人”の「美容供述調書」


DRESS読者のメーク崩れ対策や、週末アクティブに過ごす人のUVケア。
季節の変わり目、ゆらぎ肌のためのマスク活用法など……暑い夏がやってくる前の対策を全方位から検証してみました。夏を美しく過ごすためのリアルなヒントが盛りだくさんです。
今回取材させていただいた読者さんが、皆さんとても美しくてびっくりしたんですが、その美しさにはちゃんと秘密があったことも判明。
家での過ごし方や、前日からの下ごしらえなどの重要性を痛感しました。
また、UVケアの取材では、体幹部部長の野島さんをはじめとした週末美女たちが、スポーツとUV対策の両立を、少しもダメージを感じさせない涼しげな顔でこなしている姿に驚き。
最後には、美容上級者である美容ライターたちが今、こぞって夢中になっているアイテムであるマスクにクローズアップ! ひとつだけでなく、肌のコンディションや用途で使い分けているのは、さすがプロ! 勉強になります。 (副編集長・渋澤しょうこ)



今年のHAPPYキーワードは「香り」
香らせテクで「幸せグセ」を身につける!


今年は風水的に「香り」がキーワード。
占いエディター青木さんによると、香り上手になっている人は、今年すでに幸せグセがアップしているそう。
この企画では、服を香らせるテクと身体を香らせるテクを公開しています。
香り王子と洗濯王子の二人が、それぞれ香らせテクを伝授してくれています。
印象的だったのは、「どれだけ香りのいい柔軟剤や洗剤を使っても、服が臭かったら意味がない。まずは、服自体の嫌なニオイのもとになる菌をしっかり落とすこと」という洗濯王子の言葉。
どれかひとつだけに気を使うのではなく、さらに、フレグランスやリネンウォーターなどで、香りの重ねづけを楽しんで。(副編集長・渋澤しょうこ)

【お詫びと訂正】
7月号に掲載した商品の価格、ブランド名に誤りがありました。

P35
シャツ7,452円/Gap(Gapフラッグシップ原宿)は、
正しくは、シャツ6,900円/Gap(Gapフラッグシップ原宿)となります。

P58
ル ジュール(SANYO SHOKAI)は、
正しくは、スカート22,680円/ル ジュール(SANYO SHOKAI)となります。

P63
ブラウス15,120円/ラ・エフ(ロートレアモン)は、
正しくはシャツ15,120円/イシ・エ・ラ(ロートレ・アモン)です。

ここに訂正しお詫びいたします。

関連する投稿


私たちが今、「自由」に惹かれる理由

私たちが今、「自由」に惹かれる理由

『DRESS』「Project DRESS」での人気連載や書き下ろしコラムを収めた経沢香保子さんの新刊『すべての女は、自由である。』が本日発売に。この自由な時代に、自分が望む人生を創り上げるヒントが満載です。WFP 国連世界食糧計画(国連WFP)職員の田島麻衣子さんによる書評をお届けします。


【登録無料】DRESS会員募集中!!

【登録無料】DRESS会員募集中!!

DRESSでは会員を募集しております。会員登録無料です。男性も会員になることができます。[※女性のみ参加可能なイベントが一部ございますのでそちらへの男性の御参加はできません。] 家庭でも仕事でもない「サードプレイス」から始まる、新しいアナタの人生を、この春、始めてみませんか??



ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

ポジティブな離婚 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#2】

3組に1組が離婚する時代。もはや離婚は珍しい話ではない。でも、実際に離婚を経験するまで、それを現実味のある数字として受け止めたことはなかったと、自らを振り返って思う。最近、私は独身に戻った。


いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

いい男は落ち着かない 【DRESS WEB編集長コラム 今月のDRESSな男女#1】

こんにちは、今年からDRESS Webの編集長を務める池田園子と申します。月に一度、私が出会った「DRESS世代のいい女、いい男」をテーマにコラムをお届けします。どうぞよろしくお願いいたします。


最新の投稿


本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

夫や家族、地域のコミュニティや職場。様々なシチュエーションで人を悩ませるのが、人間関係です。誰かとの間に不協和音を感じていると、知らぬ間に大きなストレスを抱え込み、心身の不調をきたすことも。そんなとき、重く息苦しい状況を打破するための効果的な方法。それは、あなたの「思い」を相手の傍らへ「遣る」こと……。


アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

子ども向けのアニメで指摘されるジェンダーバイアスの問題。女の子や女性の描かれ方に違和感を覚えたことがある方もいるのでは? 子どもと一緒に人気番組を見て考えたことを中野円佳さんが3回に渡って綴ります。


美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

国立社会保障・人口問題研究所が昨年6月、18歳から34歳の未婚男女およそ5000人らを対象に実施した結婚、交際に関する調査結果が発表されました。男女共、意外に高かったのが結婚願望。一方、異性の交際相手がいない人の数は、前回5年前の調査から1割も増加。このデータ、あなたはどう見る?


「お洒落をしたい、を平等に」Fit Me Order Madeが叶える“既製服ではできないこと”

「お洒落をしたい、を平等に」Fit Me Order Madeが叶える“既製服ではできないこと”

「年齢や体型を超えて、女性がキラキラ輝くお手伝いをしたい」と会社員時代に、ライフワークとして「Fit Me Order made」を起ち上げた星田奈々子さん。フルオーダーメイドの洋服に込めた思いを伺いました。