1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

Share

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

マッチングアプリや婚活サイトの普及で、いまや「ネット」も婚活の立派な手段。そして、最近の婚活はさらに進化を遂げています。プロフィールを閲覧して好みの相手を見つけるだけでなく、なんと遺伝子レベルの相性で男性を探す「DNA婚活」なるものがあるのだとか。一体どういうこと!?

■DNA婚活ってなんだ!? 婚活もここまで進化

DNAは人体に組み込まれている設計図。人それぞれ違う遺伝子を持っているのはご存知の通り。このDNAを使って、遺伝子レベルで相性のいい男性を見つけようというのが「DNA婚活」なのです。

「DNA婚活」では、従来の婚活サイトと同じように、年齢や職業、年収などのプロフィールを登録。と、併せて、会員登録後に送られてくるDNA採取キットを使い、DNAを採取して提出します。

具体的には、キット内の綿棒で口の中を擦り、返送用封筒に入れて郵送するのみ。検査機関に送られ、検査が済んだ後は、サイトで会員男性との「DNA相性度」が表示されるようになります。

また、自身のDNAから相性が良い相手の傾向を算出し、自分が求めている異性のタイプを教えてくれる機能も。

■本能的に、メスは「DNAパターンが遠いオス」を探し求めている

それにしてもDNAからどうやって、相性のいい相手が見つけられるのでしょうか?

「そのカギを握るのが『雑種強勢』という生物学の理論。DNAには、HLAという免疫を司る遺伝子があり、哺乳類のメスはこの免疫パターンを増やすために、自分と遠いパターンのHLAを持つオスを選ぶとされています。

似ているもの同士よりも、違うもの同士の交配が、より優秀で強い種を残せるというセオリー。DNA婚活はこの理論をもとにしています。DNA検査でもこのHLA遺伝子を調べていきます。

HLAとは白血球の血液型で、よく皆さんが耳にされるA型、B型、AB型、O型などの血液型は赤血球の血液型のことです。

ただ、HLAは非常に多くの型が存在していて、相手との組み合わせは何千万通りにもなります。DNA婚活もこの組み合わせにより相性度を算出しています」

こう教えてくれたのは、「DNA婚活」を展開する、DNAソリューションバンク株式会社の田北哲也さん。

例えば近親相姦という言葉があるように、遺伝子が似ているもの同士の子どもは、良しとされません。より優秀な種を残したいという生物の本能から、私たちは自然とDNAが遠い男性を求めているんだとか。DNA婚活では、自分と遠いDNAを持つ男性を、相性度という形で紹介してくれるようです。

■女はアレで男のDNAを嗅ぎ分けている!?

実は、相手選びのキモになる男性の「HLA」を、私たち女性は本能的に嗅ぎ分けているのだとか。それが「ニオイ」。たしかに、男性のニオイは受け入れられるものと、「理由はわからないけど、どうしてもムリ!」というものに分かれるかも。

そういえば思春期になると、父親のニオイがキツくなって、「お父さん、臭い!」と毛嫌いした記憶も。これもDNAが近いもの同士の交配を避けるように、プログラミングされているとも考えられます。

ニオイの好みは人によって異なり、自分の好きなニオイが、他の人には「ムリ!」なニオイだったりするそう。うーん、人体ってフシギ!

さすがに、ネット婚活で会う相手のニオイを、PCスマホでは嗅ぎ分けられません。プロフィールはどんなに良くても、会ってから「この人、生理的にムリ〜!」とならないように、あらかじめDNAで知っておけば、効率のいい出会い方になりそうです。

ちなみに、恋人同士になってもニオイを心地良いと思わないカップルは性交回数が少なく、浮気したり別れたりする傾向にあるそう。

実際に、DNAソリューションバンク社で、数十組の夫婦を対象にDNA相性度を調べてみたところ、結婚期間が長い夫婦は通常に比べて高い平均値が出たとのこと。一方、離婚した夫婦の相性度は低い値が出たようです。

■変化する「条件」よりも、不変的なDNAで男を選ぶ方が幸せかもしれない

さらに田北さんは「女性は、男性を顔や年収などの『移ろいゆくもの』で選びすぎている」とも言います。

「今はどんなに年収が高くても、未来は分からない。会社が倒産するかもしれないし、突然脱サラする可能性だってある。そういった『変わるもの』を基準に男性を選ぶのではなく、組み込まれた不変のDNAで相手を選べば、いい結婚ができるはずです」とのこと。

たしかにそれは言えそうです。それにDNAレベルで惹かれ合う男女って、デスティーノ……運命を感じます。男性に結婚を渋られたとしても、「でも私たち、DNAが惹かれ合っているし」なんて説得材料にもなったりして……!?

私たちの遺伝子を婚活の判断基準にした、先進的な「DNA婚活」。これまでの婚活で結果を出せなかった人、また遺伝子的に相性のいい男性に出会いたい人は、チェックしてみては。

DNA婚活サイト「DNA COMPASS」

https://www.dnacom.jp/
今なら先着200名様限定で入会金・検査料が0円。月額500円だけ。

取材協力/DNAソリューションバンク株式会社
http://www.dnasb.jp/

Text/東香名子

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article