「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「これだからおばさんは!」と煙たがられる、痛いインスタ投稿を考える

「インスタにおばさんは入ってこないで!」と言われてしまうのではないかなぁ、と思わされるような痛い投稿を見て、モヤモヤすることってないですか? 私と同世代と思われる大人の、ちょっと気になるインスタの投稿について書いてみました。


「インスタにおばさんは入ってこないで!」と言われてしまうのではないかなぁ、と思わされるような投稿を見て、モヤモヤすることはありませんか?

私は個人事業主という立場上、仕事でもプライベートでもSNSを使うことが多いです。そんななか、同世代と思われる「大人」のインスタの投稿に、「これはどうなの?」「少し痛いかも?」と物申したくなることがときにあります。みなさんはいかがでしょう?

個人的な見解にはなりますが、私以外の人もおそらく気になっているであろう問題投稿について、ちょっと書いてみようと思います。

■インスタの痛い事例1:見てはいけないものを見てしまった、と思わされる「アップの自撮り」

インスタユーザーにあまり好まれないであろう、大人の投稿の筆頭が、「アップの自撮り」。

著名人や、若さ・美貌を売りにしている人、自撮り掲載専用アカウントは別として、一般人の、しかもある程度年齢が上の人が、深い意味もなく投稿してしまうのはどうかなぁ……と思ってしまいます。

おそらく、インスタを使っている人は基本的にはスマホで利用・閲覧しているのだと思いますが、インスタは、PCでも見られることをご存じでしょうか?

使っているモニターなどによっても違いがあるものの、PCのブラウザを全画面にして見ると、インスタの画像はモニターの3分の1近くの大きさになるのです。

「あなたの顔のアップは、それだけの大きさで表示されたときに耐えられるものですか? シミ・シワ・たるみなど、ちゃんと隠しきれていますか?」

と、アップの自撮りを投稿している人に聞いてみたくなります。

ある程度の年齢になると、どうしたっていろいろとアラが出てくるので、PCサイズはもちろん、スマホで見るにしても、そのアラが見えてしまうと、見ているこちらがなんだか、「見ちゃいけないものを見てしまった」という気分になってしまうことも。

そして、それを加工でごまかしている方もいらっしゃいます。ただ、もとがそこそこの年齢の顔を加工しても、妙な若作り感や、加工+αの不自然な雰囲気が出てくるので、やっぱり見ているこちらが、隠そうと必死なのに隠しきれていない「見ちゃいけないもの」を目撃してしまったがために、もやもやした気持ちになるのです。

また、自分を良く見せたい自撮りのはずなのに、髪がボサボサだったり、メイクが適当だったりと、逆効果になっている方もしばしば見受けられるので、素人がアップの自撮りをのせるなら、「目標:1000人にいいねを押してもらう」くらいの気概で、細部までこだわった写真をのせていただきたいものです。

そこまでできないなら、自分の姿は風景の一部に溶け込ませるくらいの大きさにとどめておくのが良いかもしれません。

■インスタの痛い事例2:他のSNSの文化を持ち込む

もうひとつ、「これはどうかな……」と思うのは、他のSNSの文化をインスタに持ち込んでしまっている人。

わかりやすいところでいえば、Facebookを頻繁に利用していると思われる人が、インスタで写真に文字を入れて投稿していたり、普段の食事の写真を加工も何もせず投稿しているようなものなど。

インスタは写真がすべてと言っても過言ではないSNSなのに、そもそもその文化を理解していない証拠。

理由があってそうしているのならともかく、今までやっていたことを考えなしにそのまま別の土俵に持ってくるというのは、ちょっと気遣いや観察力が足りないなと思います。

何か新しいことを始めるときというのは、たいていは、すでにやっている人を見て、真似することからスタートするもの。ただ、大人になればなるほど意固地になって、「今までの経験をもって自己流でやる!」みたいな大人の悪い部分が出てくるので、そこは気をつけたいところです。

新しい会社に転職したのに、その会社のやり方を受け入れずに、何でも前の会社のやり方で進めてしまって嫌われる人と同じで、何も考えずに異文化を持ち込むのはインスタでも良しとされないでしょう。

郷に入っては郷に従え――。

写真の撮り方や加工の上手・下手はともかく、ある程度インスタのお作法に則った投稿やコメントをすることが、「インスタの文化をちゃんと理解しています」という意思表示になり、煙たがられがちな大人の利用者も受け入れられるようになるのではないでしょうか。

■コミュニケーションツールを使っているという気遣いは欠かせない

インスタは、メインのユーザーが大人の私たちとはまったく異なる年代や属性です。

それを踏まえて、その人たちが見たときにどう思うか? と想像力を働かせつつ、「インスタと親和性の高い投稿とはどんなものか」を考えて利用していきたいもの。

「自分が楽しむものなんだから、好きに投稿していい」とか、「イヤなら見るな」という意見もあると思いますが、そもそもインスタなどのSNSはコミュニケーションツール。

誰かに見せるのではなく自分の記録として残しておきたいだけなら、非公開という機能がありますので、それを使えばいいだけ。

そうではなく、不特定多数に見てもらいたいと思って公開した時点で、それは知らない誰かとコミュニケーションを取ろうとしていることと同じです。

であるならば、知らない人が見たときにどう思うか? 不快ではないか? そんな気づかいはある程度は必要だと思います。

他者とコミュニケーションをとることが大前提のものなので、それを忘れずにみんなが気分よく、楽しくなるような使い方をしていきたいものですね。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・“...

関連するキーワード


インスタグラム SNS

関連する投稿


インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」が、六本木ヒルズに期間限定ショップとして登場します。9月28日より1年間限定でオープン。直径7センチの手のひらサイズのパイ、六本木店限定メニューなど約30種類を提供します。


セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

SNSの普及とともに、セルフブランディングに関わるコンテンツを目にすることが増えました。ただ、「私が、私が」と出ていけない人はいったいどうすればいいのか? 自分のキャラクターで勝負できない人間のひとりとして、ちょっと考えてみました。


【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

Instagramは写真アプリである以上、キレイな写真を撮りたくなるのは当然の考え。しかし、「キレイな写真」ばかりを撮ることで好感度を上げる人と、下げまくる人がいます。いったいこの正体は何か。


インスタグラムで出会った、ハイセンスなブランドたち【猫川舐子】

インスタグラムで出会った、ハイセンスなブランドたち【猫川舐子】

インスタグラム(Instagram)をデジタルルックブックとして活用しています。おしゃれな人のアカウントをたどり、さらなるおしゃれな人を見つけ……というプロセスのなかで、ファッションやジュエリーブランドの新規開拓を楽しんでいます。これまでインスタグラムで見つけ、実際に購入したハイセンスなブランドをご紹介します。


SNSに依存している女性は美しいのか?

SNSに依存している女性は美しいのか?

SNSの登場によって、大小問わず、目の前にはたくさんの情報が溢れるようになった。必要なのはその情報をすべて取り入れることではなく、情報の取捨洗選択。あなたはそれができているだろうか。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、射手座にとっては自分を解放することがテーマに。これまで上手くいかなかったこともすんなりクリアできるシーズンになりそうです。


山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、山羊座にとってはが自分の世界を広げていくことがテーマに。思いきりが重要なシーズンになりそうです。


ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

サンドウィッチとスイーツが35種も! 行列必至のビュッフェ、食欲の秋にいかがですか? ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」で、窓一面に広がる日本庭園の紅葉を眺めながら優雅に楽しんで。


おっぱい

MENU

DRESS部活