鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


■「男は女よりエラい」近年稀に見る男尊女卑文化?

私は鹿児島県南九州市の頴娃町というところで生まれた。すぐに横浜に移り住んだものの、両親も親戚もみんな生粋の鹿児島人である。私もきっちり文化を受け継いでいる。

九州の中でも、鹿児島県はとくに男が強い文化として有名。東京でこのことを話すと、「男尊女卑」だと後ろ指をさされることはザラである。

たしかに、男は家庭では何もしない。本当に何もしない。料理は運ばれてくるのを当然のように待ち、食事が終われば皿が下がるのを待ち、お茶を待つ。ありがとうは一言もない。父親をキッチンで見かけた記憶もほぼない。

親戚の宴会ともなれば、男女は別れて座る。男はどっしり上座を取って料理を待つ。女はウェイトレス兼ホステスだ。女たちの居場所は下座またはキッチンであり、配膳の合間におかずをつつき、ペチャクチャしゃべる。

若い女子はおじさんの間で焼酎の水割りをせっせと作る。焼酎と水の割合も一人ひとり覚えている。ホステスがバックヤード(キッチン)に戻ると「おつかれさん」とママたちに労われる。

■鹿児島女性あ然「何がおかしいの?」

これを他県民に話すと、目を丸くして驚かれたり、「男尊女卑ダーッ!」「けしからん!」と怒り出す友人もいる。私はポカンとするが、ことあるごとに文化の違いを感じて面白いと思う。

鹿児島女性の私たちにとって、家庭で女が働くのは日常茶飯事。もちろん、嫌々働かされているわけではない。その方が、むしろ効率がいいと考えている。

「男性は尊敬すべきもの。食器を洗わせるなんて申し訳ない」というのが表向きの理由である。しかし慣れない男たちにザツに皿を洗われたり、割られたりしたら、こちらの仕事が増えるだけ。寝っ転がって野球を見てくれていた方が、素早く片づくのだ。

ここでもやはり、「家事分担しない男ってサイテー!」みたいな女性の声が聞こえてくる。しかし、逆に私たちは「コワッ」とビビっている。「オトコ様にそんな口聞いていいのっ?」と。生類憐みの令のような心境? いや、皿ぐらい洗ってやんなさいよ、別に減るもんじゃなしと、広い心で皿を洗う。

こんな夫婦関係であっても、パートナーエージェントが調査した「結婚の満足度が高い夫婦」の第1位が、鹿児島県民なのだそう。男尊女卑に見えても、夫婦は幸せなのである。

■嫌いな男ですら立てる、鹿児島女性の悲しき習性

こんな遺伝子が組み込まれているのだから、私は「男を立てるのがうまい」と、周りからよく言われる。どんな「ん?」な男でも、大勢の前でけちょんけちょんに言って、恥をかかせるわけにはいかない。嫌いなヤツでも立ててしまう。これはなんだか悔しい。

男たちが甲斐甲斐しく水割りを作るホストクラブも居心地が悪い。「酒作んのは女の仕事だろ!」とマドラーを奪いたくなる。

献身的(に見える)な姿勢からか、鹿児島の女性は全国の男たちにすこぶる評判がいい。合コンでも「鹿児島の女性っていいよね」なんて言われることもある。ウホッ。とはいえ私たちは、男に媚びを売るつもりでやっているわけでなく、単なる文化である。それだけに棚ボタ的な嬉しい評価である。

ちなみに九州男児は「仏頂面で気が利かない」と全国の女性に不人気であるようだ。しかし、彼らは単純にシャイでドギマギしているだけである。どうか優しくしてあげてほしい。

■鹿児島で実権を握っているのは女性

現代の日本は、残念ながら、未だに男が優位の社会である。そうなると、女は男を立てて、かわいがられた方が効率がいい。反対意見も多いだろう。しかし、男社会に反旗を翻すよりも、社会のルールに順応するほうが得は多い。

あえて極端な話をすると、サッカーでもそうじゃないか。「どうしてサッカーは手を使っちゃいけないんだー!」なんて叫び続けるより、すんなりルールを受け入れて、足技を鍛えたほうが億単位の金を稼げる。

2017年の日本は、まだまだ男性社会。甲斐甲斐しく男性社員と仲良くすれば、あとあと大きなリターンがやってくる。

実は鹿児島では、どこの家庭も裏で実権を握るのは「女」である。男は家で何もしないのではなく、できないのだ。女がいないとお茶も淹れられない。究極、生きることさえできないのかも。だから彼らは奥さんには頭が上がらない。

仕事上でもそんなポジションになればよい。男を立てて、尽くす。でしゃばらず、おいしいところは男にやる。すると絶大な信頼が得られて、後々大きなチャンスが巡ってくる。男社会のフィールドでも、絶対的なポジションを得られる、かもしれない。

この記事のライター

あずま・かなこ。1983年生まれ。独身の恋愛コラムニスト。テレビ・ラジオ出演多数。元女性サイト編集長という経歴を生かし、書籍「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)を発売。講師としても活躍中。...

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第2回目では、よくある悩みや疑問を元に、視点を変えて本業で社会貢献をする方法を探っていきます。


起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

自由な働き方はどうすれば実現できるのか。「月数万円、年数万円、という小さい仕事を複数持って生活する、というのはどうですか」と提案している本を読んで思い出したことがあります。複数の仕事を持つことを、「稼げないから副業」ではなく、「スキルや経験を得るためのセカンドビジネス」と考えてみるのはいかがでしょうか。


「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

「好き」を仕事にする生き方――空間プロデューサー七種珠水さんに聞く

自分の好きを集めることで、心安らぐ部屋の作り方を教えてくれた空間プロデューサーの七種珠水(さいくさ たまみ)さん。実は彼女は、未経験の分野で、知識も人脈も経験も何もないところから起業したストーリーの持ち主です。今回は彼女が実践してきた、「好き」を仕事にする生き方についてお話しを伺いいました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

社会貢献――最近よく聞く言葉ですが、セレブが多額の寄付をしたり、週末にボランティアをしたりと、普段の生活とは切り離したところにあると思っていませんか? そんなイメージを覆す「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説します。


医師で起業家のわたしの時間管理術

医師で起業家のわたしの時間管理術

時間管理術について、内科医として働きながら、セミナーやコンサル、執筆など、個人でいくつもの事業を展開する岡本彩さんに聞きました。シングルマザーとしてひとりで子育てしながら、なぜそこまでいろいろなことができるのか。その答えは「時間を買う」考え方にありました。


最新の投稿


見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第5回目は旬のりんごをたっぷり使ったちぎりパンのご紹介です。


大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

物を食べるときなどに使う咀嚼筋のひとつ「咬筋」は普段から誰もが当たり前に使っている筋肉です。しかし、この筋肉が発達しすぎると、小顔から遠ざかるのをはじめ、美容面でも健康面でも悪影響が。今回は「咬筋ほぐし」の方法をお伝えします。


今日という日をもっと幸せに生きるヒント

今日という日をもっと幸せに生きるヒント

昨日の失敗にへこんだり、今日をやり直したいと思ったり、明日が来るのが怖かったり……。季節が大きく変わる秋の夜長、考えなくてもよいことまで、あれこれ考えてしまうことはありませんか。そんなときに観ていただきたい、素敵な映画をご紹介します。


PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

従来のPCバッグやドキュメントバッグのイメージを一新するビジネスクラッチが登場。PCや書類、ケーブル、スマートフォン、手帳まで、まとめて収納可能。打ち合わせや社内移動も、DANAでエレガントに装ってみてください。


コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが人気有名パティシエとコラボ! 「モイスチュア リポソーム(保湿美容液)」の潤いの秘密、マイクロカプセルをモチーフにしたオリジナルスイーツを期間・数量限定で発売いたします。


おっぱい

MENU

DRESS部活