鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


■「男は女よりエラい」近年稀に見る男尊女卑文化?

私は鹿児島県南九州市の頴娃町というところで生まれた。すぐに横浜に移り住んだものの、両親も親戚もみんな生粋の鹿児島人である。私もきっちり文化を受け継いでいる。

九州の中でも、鹿児島県はとくに男が強い文化として有名。東京でこのことを話すと、「男尊女卑」だと後ろ指をさされることはザラである。

たしかに、男は家庭では何もしない。本当に何もしない。料理は運ばれてくるのを当然のように待ち、食事が終われば皿が下がるのを待ち、お茶を待つ。ありがとうは一言もない。父親をキッチンで見かけた記憶もほぼない。

親戚の宴会ともなれば、男女は別れて座る。男はどっしり上座を取って料理を待つ。女はウェイトレス兼ホステスだ。女たちの居場所は下座またはキッチンであり、配膳の合間におかずをつつき、ペチャクチャしゃべる。

若い女子はおじさんの間で焼酎の水割りをせっせと作る。焼酎と水の割合も一人ひとり覚えている。ホステスがバックヤード(キッチン)に戻ると「おつかれさん」とママたちに労われる。

■鹿児島女性あ然「何がおかしいの?」

これを他県民に話すと、目を丸くして驚かれたり、「男尊女卑ダーッ!」「けしからん!」と怒り出す友人もいる。私はポカンとするが、ことあるごとに文化の違いを感じて面白いと思う。

鹿児島女性の私たちにとって、家庭で女が働くのは日常茶飯事。もちろん、嫌々働かされているわけではない。その方が、むしろ効率がいいと考えている。

「男性は尊敬すべきもの。食器を洗わせるなんて申し訳ない」というのが表向きの理由である。しかし慣れない男たちにザツに皿を洗われたり、割られたりしたら、こちらの仕事が増えるだけ。寝っ転がって野球を見てくれていた方が、素早く片づくのだ。

ここでもやはり、「家事分担しない男ってサイテー!」みたいな女性の声が聞こえてくる。しかし、逆に私たちは「コワッ」とビビっている。「オトコ様にそんな口聞いていいのっ?」と。生類憐みの令のような心境? いや、皿ぐらい洗ってやんなさいよ、別に減るもんじゃなしと、広い心で皿を洗う。

こんな夫婦関係であっても、パートナーエージェントが調査した「結婚の満足度が高い夫婦」の第1位が、鹿児島県民なのだそう。男尊女卑に見えても、夫婦は幸せなのである。

■嫌いな男ですら立てる、鹿児島女性の悲しき習性

こんな遺伝子が組み込まれているのだから、私は「男を立てるのがうまい」と、周りからよく言われる。どんな「ん?」な男でも、大勢の前でけちょんけちょんに言って、恥をかかせるわけにはいかない。嫌いなヤツでも立ててしまう。これはなんだか悔しい。

男たちが甲斐甲斐しく水割りを作るホストクラブも居心地が悪い。「酒作んのは女の仕事だろ!」とマドラーを奪いたくなる。

献身的(に見える)な姿勢からか、鹿児島の女性は全国の男たちにすこぶる評判がいい。合コンでも「鹿児島の女性っていいよね」なんて言われることもある。ウホッ。とはいえ私たちは、男に媚びを売るつもりでやっているわけでなく、単なる文化である。それだけに棚ボタ的な嬉しい評価である。

ちなみに九州男児は「仏頂面で気が利かない」と全国の女性に不人気であるようだ。しかし、彼らは単純にシャイでドギマギしているだけである。どうか優しくしてあげてほしい。

■鹿児島で実権を握っているのは女性

現代の日本は、残念ながら、未だに男が優位の社会である。そうなると、女は男を立てて、かわいがられた方が効率がいい。反対意見も多いだろう。しかし、男社会に反旗を翻すよりも、社会のルールに順応するほうが得は多い。

あえて極端な話をすると、サッカーでもそうじゃないか。「どうしてサッカーは手を使っちゃいけないんだー!」なんて叫び続けるより、すんなりルールを受け入れて、足技を鍛えたほうが億単位の金を稼げる。

2017年の日本は、まだまだ男性社会。甲斐甲斐しく男性社員と仲良くすれば、あとあと大きなリターンがやってくる。

実は鹿児島では、どこの家庭も裏で実権を握るのは「女」である。男は家で何もしないのではなく、できないのだ。女がいないとお茶も淹れられない。究極、生きることさえできないのかも。だから彼らは奥さんには頭が上がらない。

仕事上でもそんなポジションになればよい。男を立てて、尽くす。でしゃばらず、おいしいところは男にやる。すると絶大な信頼が得られて、後々大きなチャンスが巡ってくる。男社会のフィールドでも、絶対的なポジションを得られる、かもしれない。

この記事のライター

あずま・かなこ。1983年生まれ。独身の恋愛コラムニスト。これまで1000本以上のコラムを執筆。テレビ・ラジオ出演多数。元女性サイト編集長という経歴を生かし、書籍「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パ...

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

子供から大人まで幅広く愛される製品を数多く生み出し続けているカルビー株式会社。たくさんの人の笑顔を作り出すために奔走する同社コーポレートコミュニケーション本部 広報部 広報課 課長の野原 和歌さんにこれまでのキャリアとこれからの働き方について伺いました。


女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

チェコは女性の働き方に関して、周囲の理解が得られやすい国だと思います。そのためライフスタイルを無理に変えることなく、自分のワークスタイルをつくることができます。すべてを自分で抱え込むことなく、働き方を大切にできるチェコ文化の正体とは一体なんなのでしょうか。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。