2017年4月9日(日)開催!ユナイテッド・グアムマラソン2017 ~2次エントリーは2017年1月15日(日)まで~

2017年4月9日(日)開催!ユナイテッド・グアムマラソン2017 ~2次エントリーは2017年1月15日(日)まで~

2017年4月9日(日)に開催される、「ユナイテッド・グアムマラソン2017」は、現在2次エントリーを受付中。本期間中の参加登録代金は、フルマラソンが、12,000円、ハーフマラソンが10,000円、10キロメートルラン、5キロメートルランがそれぞれ7,000円とお得です!


グアムの滞在がさらに楽しく、魅力的に!!「Eat.Shop.Run」

ユナイテッド・グアムマラソン2017では、「Eat.Shop.Run」と題し、様々な現地のお店とコラボレーションを展開。レースの参加者にはグアム滞在中、現地ショップでディスカウントを受けられるクーポンや、限定のノベルティをご用意。滞在中のお買い物から食事まで楽しんでいただけるキャンペーンを開催いたします。開催期間は、レース日をまたぐ2017年4月3日(月)から、16日(日)まで。

~BBQ Beach Party~ アフターレースパーティがパワーアップ!

ライブの音楽に、様々なアクティビティの体験、充実のホスピタリティなど、これまでも多くの体験を提供してきたアフターレースパーティが「BBQ Beach Party」としてパワーアップ。ゴール地点のイパオ公園ではBBQを開催。ランナーはもちろん、応援に駆け付けた皆様まで手厚くおもてなしいたします。2016年に初登場し大好評だったビーチエリアの撮影スポットでは、綺麗な海をバックに思い出を振り返る、最高の1枚が撮影可能です。

【ユナイテッド・グアムマラソン大会概要】

■大会名   :ユナイテッド・グアムマラソン2017
         -United Airlines Guam Marathon 2017-
■開催日時  : 2017年4月9日(日)
■主催    : グアムスポーツイベント Inc.(NPO団体)
■特別協賛  : ユナイテッド航空
■協賛    : パシフィックアイランドクラブグアム
■後援    : グアム政府観光局

ユナイテッド・グアムマラソン大会について

これまで『グアムインターナショナルマラソン』として知られていたこのイベントは2017年よりユナイテッド航空を冠スポンサーとして迎え、大会名も一新、「ユナイテッド・グアムマラソン」として新たに生まれ変わりました。そのコースは、ホテルが立ち並ぶタモン地区をスタートし、海を見ながら走ります。ランナーたちは、まだ日も昇らない、早朝にスタート。レース序盤は満天の星空と、心地よい波の音につつまれ、午前6時過ぎからは、朝日に照らし出された美しい海が眼前に広がります。雄大な自然を感じながら、ゴールを目指す「ユナイテッド・グアムマラソン」。本格的なランナーから、走るのが大好きなお子様まで、思い思いのグアムを満喫いただけます。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。