須野田 珠美 さんが 2016/02/10 に更新
戦闘モードから家では女性モードへ。切り替え力のある女性が上手くいく

戦闘モードから家では女性モードへ。切り替え力のある女性が上手くいく

こんにちは。須野田珠美です。第1回目では、「夫=社長」というお話をしました。いかがでしたでしょうか? 今回は、もうすこし掘り下げたテーマでお届けします。あの頃はあんなに大好きだったのに、忙しい毎日が続…

家庭 夫婦 結婚 コミュニケーション


 

こんにちは。須野田珠美です。第1回目では、「夫=社長」というお話をしました。いかがでしたでしょうか? 今回は、もうすこし掘り下げたテーマでお届けします。

あの頃はあんなに大好きだったのに、忙しい毎日が続くなかで、いつの間にか夫と心が離れてしまっている、特にふたりの間に大問題があるわけではないけれど、なんとなくしっくりこない……そんな気持ちになることって、ありますよね。

恋愛と結婚の大きな違いは、「長期間にわたり生活をともにする関係」であること。2回目のテーマは、お互いに仕事を持つ夫婦の「愛情の育て方」。

■結婚とは愛情を育てること

「愛情を育てる」と読んで、違和感を感じた方もいらっしゃるでしょうね。
「だって、“愛は永遠”でしょ」って。残念ながら、それは幻想です。CMのコピーとしては、美しいでしょうけれど(笑)。

「恋は落ちるもの」かもしれませんが、「愛は育てる」もの。恋から愛へのシフトチェンジが必要です。結婚したから大丈夫、と安心して放っておいたら、枯れて死んでしまいます。

では、どうやって育てるの? と疑問に感じる方へ。何も特別なことをする必要はありません。日々の生活のなかで、すでにみなさんがやっていること、家事やちょっとした会話といった「行動」でできることなのです。

■大切なのは「女性モード」への切り替え

現代日本においては、多くの夫婦が共働きなので、女性が仕事(=戦闘)モードのまま家に帰ってくると、“男同士がルームシェアしているようなムード”になってしまいます。「私だって疲れてるのに……(怒)」と感じるのはよくわかりますが、ここは先に妻が「女性モード」に切り換えることで、夫婦の愛情が育ちやすくなるのです。

夫側の気持ちを想像してみましょう。家に帰ってきても、同僚か上司のような妻がいるよりは、ドアを開けた瞬間に、ぷーんと暖かいお味噌汁の匂いがして、「おかえり〜」と声をかけてくれる妻がいるほうが、「あ~、ここが俺の帰る場所だ~、彼女と結婚してよかった」と、1日の疲れも癒され、妻への感謝の気持ちが自然とわいてくることでしょう。

ささやかなことかもしれませんが、この瞬間をどれだけ作ってあげられるか。それが肝心です。その一つひとつの積み重ねが肥料となって、愛情の木がすくすく育ち、結果的に「夫婦の危機」がやってくる回数も減るのです。

とはいえ無理をしても続きませんから、おかずはスーパーのお総菜でも大丈夫。1品だけ、たとえばお味噌汁やスープだけは手作りで、というふうにできる範囲で頑張ってみましょう。スープは作りおきをしておけるので、意外と簡単です。

■夫婦間コミュニケーションに付箋が大活躍!

残業続きの夫には、帰社の遅い部下に言うように「今、どこ? 何時に帰るの?」などの業務連絡風のメールばかりしないで、ポットに沸いたお湯とお茶漬けのセットを用意しておいて、テーブルに「お疲れさま。これであたたまってね」などの一言メッセージを添えておくなんてどうでしょう。“手間のかからないあたたかさ”、これがポイント! “職場では得られないあたたかさ”を味わってもらうよう意識してください。

翌日の仕事に備え、妻が先に寝てしまうこともあるでしょう。ただ暗い部屋に帰ってきた夫の気持ちを想像して下さい。「これじゃ、独身のときと同じだ……」と、ため息を吐かせてしまう度に、ふたりの愛情の木の栄養が減っていくと心してください。

仕事でおなじみの付箋もとても重宝します。たとえば苦言や不満も付箋にユーモアを交えて書いて、冷蔵庫やトイレのドアなど、ぱっと目のつくところに貼って様子を見る。読んだ夫がクスッと笑えるくらいになると上級者です。直接対決で大喧嘩になるよりはるかに効果的なことでしょう。

これは、私が30年に及ぶ共働き結婚生活の中で編み出した知恵です。アナログな手書きのメッセージは、デジタルなメールと違ってあたたかみがあり、読んだ人の心に残りやすくなります。

■妻=夫の第二の母でもある

そして、朝の「おはよう!」「行ってらっしゃーい」と、夜の「お帰りなさーい」「おやすみ!」は、どんなに喧嘩したときでも、必ず言うこと。たとえ笑顔になれなくとも。愛情の木を育てるための「水やり」だと思ってくださいね。

挨拶は気持ちを一瞬で切り替えてくれる魔法の言葉です。妻としての株が上がります。それは彼がひとりでいたときには言ってもらえなかった言葉。それを妻から毎日言ってもらえたら、間違いなく幸せを感じるはずです。

誤解を恐れずに言うと、妻になる=夫の「第二のお母さん」になることでもあります。小さい頃から当たり前のようにしてもらっていた、日常的な何気ない愛情を、お母さんの代わりに与えてあげること。「私は彼の女神!」くらいの気持ちで、まずは自分から与えてみましょう。

それは、損得の問題ではありません。決して自分だけが損をしていることではなく、そのときどきの夫のリアクションを楽しみながら、実は自分が一番励まされたり、元気になったりするものです。

妻、そして女性の本当の喜びは、与えることで感じられるもの。それは、女性として生まれてきた本質的なものだと思います。同時に自分を完成度の高い女性として育ててくれるのです。

■「女性モード」スイッチを入れる “儀式”を探してみよう

とはいっても、「そんなに簡単に切り替えられたら苦労はしないわ」と感じている方も多いでしょう。実は私も最初はそうでした。NOZZEに勤め始めたころは「あれもこれもやらなきゃ……」とつい仕事モードを家に持ち込んでしまい、亡き夫が不機嫌になっていました(それまでは専業主婦でした)。

そこで考えついたのが、「女性モードに戻るための儀式」。買い物袋を提げ、家に着いたらまず着替え。スーツ姿から思いきり可愛らしいエプロン姿にチェンジしたのです。そして、髪はゆるくアップに。そのプロセスが気持ちの切替えの儀式となり、だんだん上手く切り替えられるようになりました。

また、エプロン姿は男性から見ると“母親”をイメージさせるらしく、効果抜群。いわゆる制服効果ですね(笑)。ファッションの力をこんな形で使うこともできるのです。

別にエプロンでなくてもOK。ムードのあるテーマ曲を決めて聴くもよし、好きなアロマを焚くもよし。五感に訴えるもの、かつ簡単に低コストで続けられるものが効果的です。ぜひ自分らしい「女性モードに戻る儀式」を工夫してみてくださいね。1日の生活のなかに二面性を持つことで、自分自身も楽しくなっていきます。

女は女優、なんて言葉もあるように、女性はいろいろな自分を使い分けることが得意なはず。仕事をしているときと家庭で夫と過ごすとき、どちらもみなさんの人生にとって大切な時間です。毎日わずかな夫婦ふたりの時間を妻の工夫で、素敵なものにして愛情を育ててみてください。

次回は「それでも起こる夫婦の危機とその乗り越え方」をお届けします。

~今月のLove is Action!~
帰宅したら私なりの“儀式”で「女性モード」のスイッチをオンにする

関連する投稿


明確なビジョンが婚活を変える。

明確なビジョンが婚活を変える。

自分の中で結婚の意味を咀嚼し、具体的なビジョンを描いたところで、婚活のスタート地点に立ったといえるのではないか――。Webマーケティング会社経営者の視点から、婚活のヒントを提案する連載、始まります。


オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンとオフを分けたい人もいれば、兎村彩野さんのようにオンとオフをゆるやかにつなげた「半オン半オフ」状態で過ごしたい人もいます。オンオフが溶け合った曖昧な暮らしから見えてきたこと、気づいたことを綴ります。


理想の男性像を書き出して、幸せな結婚を引き寄せる

理想の男性像を書き出して、幸せな結婚を引き寄せる

頭の中で考えるだけでは曖昧だから、理想の結婚イメージをノートに書き出してみよう。感情や思考の整理ができるし、自分でも気づかなかった滞在的な気持ちが見えてくるかもしれない。自分の思いが明確になればなるほど前進しやすいはず。だから目標100個、リストアップします。


「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「結婚できないんじゃないんです、しないんです」と言える人生を生きよう

「普通のOL」って何? 寿退社しか将来の道がないなんて、ホントにそう? わたしには才能がない、だから結婚するしかないと、息苦しい気持ちで生きているあなたに贈るコラムです。


すべての男は『年下』である【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

すべての男は『年下』である【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

実年齢は上でも、「真実の年齢」は……?


最新の投稿


読む美人サプリ #1 読むだけで、美人になれるコラム

読む美人サプリ #1 読むだけで、美人になれるコラム

胸に沁みいるあたたかな言葉、気づきを与えてくれる示唆に富んだ言葉。こころに響き、あなたを美しく輝かせてくれる、著名人の言葉をお届けします。読むだけで今より美人になれるコラムを、あなたへ。


川崎貴子さんに聞く。後悔しない、アラフォーからの転職

川崎貴子さんに聞く。後悔しない、アラフォーからの転職

DRESSの対談コンテンツでおなじみの川崎貴子さん。人材コンサルティング会社・ジョヤンテ代表として、長年働く女性のサポートを行ってきた実績から、転職を考えるアラフォー女性へアドバイスをいただきました。


「あたりまえ」を疑う勇気【紫原明子 連載 #8】

「あたりまえ」を疑う勇気【紫原明子 連載 #8】

私たちの「そうするのが当然」という思い込みは、幼少期に親から課せられ、染み付いたものなのかもしれない。自分の中の「あたりまえ」に縛られるせいで、生きづらさを感じているなら、それを疑ってみることから始めよう。


【PR】「クローゼットを整理して、秋冬のオシャレ準備を始めよう」supported by KOMEHYO

【PR】「クローゼットを整理して、秋冬のオシャレ準備を始めよう」supported by KOMEHYO

買ったときは気に入っていた腕時計やバッグ、ジュエリーたち。出番が少なくなったら、手放して新しいアイテムを迎え入れるタイミングかも!? KOMEHYOではブランド時計・バッグ・ジュエリーはもちろん、ノーブランドジュエリーも査定してもらえます。


20年後も美しくあるために…将来の収入を考えるマンション投資勉強会(9月24日開催)

20年後も美しくあるために…将来の収入を考えるマンション投資勉強会(9月24日開催)

【PR】何歳まで働ける?20年後にローン組める?年金だけで生活できる?20年後も美しくあるために、いまから考えよう!