戦闘モードから家では女性モードへ。切り替え力のある女性が上手くいく

戦闘モードから家では女性モードへ。切り替え力のある女性が上手くいく

こんにちは。須野田珠美です。第1回目では、「夫=社長」というお話をしました。いかがでしたでしょうか? 今回は、もうすこし掘り下げたテーマでお届けします。あの頃はあんなに大好きだったのに、忙しい毎日が続…




 

こんにちは。須野田珠美です。第1回目では、「夫=社長」というお話をしました。いかがでしたでしょうか? 今回は、もうすこし掘り下げたテーマでお届けします。

あの頃はあんなに大好きだったのに、忙しい毎日が続くなかで、いつの間にか夫と心が離れてしまっている、特にふたりの間に大問題があるわけではないけれど、なんとなくしっくりこない……そんな気持ちになることって、ありますよね。

恋愛と結婚の大きな違いは、「長期間にわたり生活をともにする関係」であること。2回目のテーマは、お互いに仕事を持つ夫婦の「愛情の育て方」。

■結婚とは愛情を育てること

「愛情を育てる」と読んで、違和感を感じた方もいらっしゃるでしょうね。
「だって、“愛は永遠”でしょ」って。残念ながら、それは幻想です。CMのコピーとしては、美しいでしょうけれど(笑)。

「恋は落ちるもの」かもしれませんが、「愛は育てる」もの。恋から愛へのシフトチェンジが必要です。結婚したから大丈夫、と安心して放っておいたら、枯れて死んでしまいます。

では、どうやって育てるの? と疑問に感じる方へ。何も特別なことをする必要はありません。日々の生活のなかで、すでにみなさんがやっていること、家事やちょっとした会話といった「行動」でできることなのです。

■大切なのは「女性モード」への切り替え

現代日本においては、多くの夫婦が共働きなので、女性が仕事(=戦闘)モードのまま家に帰ってくると、“男同士がルームシェアしているようなムード”になってしまいます。「私だって疲れてるのに……(怒)」と感じるのはよくわかりますが、ここは先に妻が「女性モード」に切り換えることで、夫婦の愛情が育ちやすくなるのです。

夫側の気持ちを想像してみましょう。家に帰ってきても、同僚か上司のような妻がいるよりは、ドアを開けた瞬間に、ぷーんと暖かいお味噌汁の匂いがして、「おかえり〜」と声をかけてくれる妻がいるほうが、「あ~、ここが俺の帰る場所だ~、彼女と結婚してよかった」と、1日の疲れも癒され、妻への感謝の気持ちが自然とわいてくることでしょう。

ささやかなことかもしれませんが、この瞬間をどれだけ作ってあげられるか。それが肝心です。その一つひとつの積み重ねが肥料となって、愛情の木がすくすく育ち、結果的に「夫婦の危機」がやってくる回数も減るのです。

とはいえ無理をしても続きませんから、おかずはスーパーのお総菜でも大丈夫。1品だけ、たとえばお味噌汁やスープだけは手作りで、というふうにできる範囲で頑張ってみましょう。スープは作りおきをしておけるので、意外と簡単です。

■夫婦間コミュニケーションに付箋が大活躍!

残業続きの夫には、帰社の遅い部下に言うように「今、どこ? 何時に帰るの?」などの業務連絡風のメールばかりしないで、ポットに沸いたお湯とお茶漬けのセットを用意しておいて、テーブルに「お疲れさま。これであたたまってね」などの一言メッセージを添えておくなんてどうでしょう。“手間のかからないあたたかさ”、これがポイント! “職場では得られないあたたかさ”を味わってもらうよう意識してください。

翌日の仕事に備え、妻が先に寝てしまうこともあるでしょう。ただ暗い部屋に帰ってきた夫の気持ちを想像して下さい。「これじゃ、独身のときと同じだ……」と、ため息を吐かせてしまう度に、ふたりの愛情の木の栄養が減っていくと心してください。

仕事でおなじみの付箋もとても重宝します。たとえば苦言や不満も付箋にユーモアを交えて書いて、冷蔵庫やトイレのドアなど、ぱっと目のつくところに貼って様子を見る。読んだ夫がクスッと笑えるくらいになると上級者です。直接対決で大喧嘩になるよりはるかに効果的なことでしょう。

これは、私が30年に及ぶ共働き結婚生活の中で編み出した知恵です。アナログな手書きのメッセージは、デジタルなメールと違ってあたたかみがあり、読んだ人の心に残りやすくなります。

■妻=夫の第二の母でもある

そして、朝の「おはよう!」「行ってらっしゃーい」と、夜の「お帰りなさーい」「おやすみ!」は、どんなに喧嘩したときでも、必ず言うこと。たとえ笑顔になれなくとも。愛情の木を育てるための「水やり」だと思ってくださいね。

挨拶は気持ちを一瞬で切り替えてくれる魔法の言葉です。妻としての株が上がります。それは彼がひとりでいたときには言ってもらえなかった言葉。それを妻から毎日言ってもらえたら、間違いなく幸せを感じるはずです。

誤解を恐れずに言うと、妻になる=夫の「第二のお母さん」になることでもあります。小さい頃から当たり前のようにしてもらっていた、日常的な何気ない愛情を、お母さんの代わりに与えてあげること。「私は彼の女神!」くらいの気持ちで、まずは自分から与えてみましょう。

それは、損得の問題ではありません。決して自分だけが損をしていることではなく、そのときどきの夫のリアクションを楽しみながら、実は自分が一番励まされたり、元気になったりするものです。

妻、そして女性の本当の喜びは、与えることで感じられるもの。それは、女性として生まれてきた本質的なものだと思います。同時に自分を完成度の高い女性として育ててくれるのです。

■「女性モード」スイッチを入れる “儀式”を探してみよう

とはいっても、「そんなに簡単に切り替えられたら苦労はしないわ」と感じている方も多いでしょう。実は私も最初はそうでした。NOZZEに勤め始めたころは「あれもこれもやらなきゃ……」とつい仕事モードを家に持ち込んでしまい、亡き夫が不機嫌になっていました(それまでは専業主婦でした)。

そこで考えついたのが、「女性モードに戻るための儀式」。買い物袋を提げ、家に着いたらまず着替え。スーツ姿から思いきり可愛らしいエプロン姿にチェンジしたのです。そして、髪はゆるくアップに。そのプロセスが気持ちの切替えの儀式となり、だんだん上手く切り替えられるようになりました。

また、エプロン姿は男性から見ると“母親”をイメージさせるらしく、効果抜群。いわゆる制服効果ですね(笑)。ファッションの力をこんな形で使うこともできるのです。

別にエプロンでなくてもOK。ムードのあるテーマ曲を決めて聴くもよし、好きなアロマを焚くもよし。五感に訴えるもの、かつ簡単に低コストで続けられるものが効果的です。ぜひ自分らしい「女性モードに戻る儀式」を工夫してみてくださいね。1日の生活のなかに二面性を持つことで、自分自身も楽しくなっていきます。

女は女優、なんて言葉もあるように、女性はいろいろな自分を使い分けることが得意なはず。仕事をしているときと家庭で夫と過ごすとき、どちらもみなさんの人生にとって大切な時間です。毎日わずかな夫婦ふたりの時間を妻の工夫で、素敵なものにして愛情を育ててみてください。

次回は「それでも起こる夫婦の危機とその乗り越え方」をお届けします。

~今月のLove is Action!~
帰宅したら私なりの“儀式”で「女性モード」のスイッチをオンにする

この記事のライター

NOZZE(株式会社結婚情報センター)代表取締役社長。ファッションブランド「JuviJuvi」代表取締役社長兼オーナーデザイナー。東京生まれ。幼稚園教諭を経て、亡き夫と進学塾「早稲田アカデミー」(東証一部上場)を創設。引退後...

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。後編では大人女性が抱えやすい悩みとその解決策を伺いました。


銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

銀座ママから盗んだモテるためのテクニック~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第2回のテーマは「銀座ママから盗んだモテるためのテクニック」です。


最新の投稿


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

「継続は力なり」という言葉があります。これはスポーツや勉強だけに限らず、貯金も同じこと。少額でもいいので、少しでも長くお金を貯めた方がいいのです。でも継続するって、難しい。そんなあなたのために、今回の【100万円のオンナ貯金】ではお金を貯めることをクセにする方法をご紹介します。


コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

ニューヨーカーが、綿100%でありながら、撥水性に優れた素材「MENNANONY(メンナノニー)」を使用したチェスターコートを、9月29日より新発売。秋冬のファッションを軽やかに楽しめるシンプルなチェスターコートは、オン・オフ問わず様々なシーンで活躍するはずです。


おっぱい