ホリエモンの記者会見を見て…… 後編

ホリエモンの記者会見を見て…… 後編

前回書いたように、受刑者や出所者の更生支援に関心があった私は、刑務作業で作られた“Made in Prison”商品にも注目してきました。(これも“エシカル・ショッピング”の一つだと思います) 常々、こういったアイテムを通じて、受刑者の人権についての関心が高まり、出所者の社会復帰を温かく見守るきっかけになればと思っていたので、この機会に少し紹介したいと思います。


前回書いたように、受刑者や出所者の更生支援に関心があった私は、刑務作業で作られた“Made in Prison”商品にも注目してきました。(これも“エシカル・ショッピング”の一つだと思います) 常々、こういったアイテムを通じて、受刑者の人権についての関心が高まり、出所者の社会復帰を温かく見守るきっかけになればと思っていたので、この機会に少し紹介したいと思います。

まず、“Made in Prison”入門書として最適なのが、ウィットに富んだ、都築響一先生の著作『刑務所良品』。ぜひご一読をおすすめします。
日本全国にある刑務所(少年刑務所を含むと現在67か所あるそうです)を訪ね、伝統工芸家具から回転式魚干し機まで様々な刑務所作業商品を、秀逸なキュレーションで紹介しています。
 

また、刑務所製品を生産・販売するネットワーク、財団法人矯正協会刑務所作業協力事業部通商CAPIC(=Correctional Assoication Prison Industry Cooperation の略)のオンライン・ショップもぜひチェックしてください。
数年前に千代田区北の丸公園内「科学技術館」で毎年開催される全国矯正展に訪れた際、私も一目惚れしてしまった函館刑務所で作られている“マル獄”シリーズのポーチや巾着袋、エプロンも販売しています。

 


それ以外にも受刑者の社会復帰をサポートする方法はあります。
ハードルは高いかもしれませんが、保護司(注1)ボランティアに挑戦してみる。

あるいは
筆まめな方であれば、監獄人権センターが行っている「シェイク・ハンズ・プロジェクト」のボランティアに参加してもよいかと。刑務所や拘置所に収容されている人(被拘禁者)と外部ボランティアを文通で結ぶプロジェクトです。

監獄人権センター http://www.cpr.jca.apc.org/
法務省、犯罪白書によると、平成23年度の刑務所受刑者は2万55499人だそうです。(そのうち女性は2,226人)

今回のホリエモンさんのお陰で、出所者の社会復帰の問題に光があてられ、関心を持つ人たちが増えるといいですね。
更生保護法人のお手伝いをしていきたいと語っていたホリエモンの今後の活動に期待したいです。

最後にもう一つ、おすすめの本です。以前、アイエスエフネットグループ(注2)というIT企業で開催された、奈良少年刑務所の方による協力雇用主(注3)についての説明会に伺った際に教えてもらった本。こちらもぜひ多くの方に読んでもらいたい、心を動かされる一冊です。


「空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集―」
(新潮文庫) [文庫] 寮 美千子 (編集)
 

<注1>
保護司は,犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティア。保護司法に基づき,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員だが、無給与。 保護司は,民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし,保護観察官と協働して保護観察に当たるほか,犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき,スムーズに社会生活を営めるよう,釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。 全国に約48,000人。(法務省HP更正保護を支える人々 より抜粋)

<注2>
アイエスエフネットは「20大雇用」を掲げ、社会的弱者の雇用創造に尽力するとても社会貢献度の高いIT企業。「20大雇用」とは、ニート・フリーター、障がい者、ワーキングプア(働く時間に制約のある方)、引きこもり、シニア、ボーダーライン(軽度な障がいで障がい者手帳を不所持の方)、DV被害者、難民、ホームレス、小児がん経験者、ユニークフェイス(見た目がユニークな方)、感染症、麻薬・アルコール等中毒経験者、性同一性障害、養護施設等出身の方、犯罪歴のある方、三大疾病、若年性認知症、内臓疾患、その他就労困難な方(失語症)の雇用を実現することです。

<注3>
協力雇用主とは、犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが容易でない刑務所出所者等を,その事情を理解した上で雇用し,改善更生に協力する民間の事業主。不況で毎年どんどん減っているそうです。
 

この記事のライター

NPOソーシャル コンシェルジュ主宰。ジャンルを超え、社会貢献度の高いヒト、モノ、サービスをより魅力的により多くの人へ広めるための様々なプロジェクトをプロデュース。少数民族の貧困解決を目指し、上質のヤクという素材にフォーカス...

最新の投稿


ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

ロングからボブへ。ヘアカットで果たした、過去との決別【猫川舐子】

胸下まであったロングヘアをばっさり切ってボブヘアにしました。最初は単なる気分転換のつもりでしたが、思い返すと、5年前に経験したある出来事とリンクしていることに気づいたのです。当時の話を交えながら、ボブにしてみての所感などをお伝えします。


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


おっぱい

MENU

DRESS部活