返信に困るLINE7選

Share

「なんで既読スルーされるの?」「なんで未読スルーのまま?」「なんでスタンプしか返さない?」彼がLINEでそんな態度を取る理由は、あなたのLINEへの返信に悩んでいたから。女性から送られてきたLINEに対し、返信に困ったと語る男性の実例をご紹介します。

返信に困るLINE7選

「なんで既読スルー?」
「なんで未読スルー?」
「なんでスタンプ返し?」

そんな「なんで?」の答えは、あなたのLINEへの返信に困っていたから。
女性から送られてきたLINEに対し、返信に困ったという男性の実例をご紹介。

■CASE1 いきなりスタンプ

確かに便利なスタンプですが、いきなりスタンプだけを送りつけるLINEはいかがなものかという意見が多数。

「おはよう」や「元気?」とコメント付きだったとしても、大人男性はまだまだメール世代。

スタンプにプラスしてテキストは一文入れた方がベターです。

■CASE2 連投

打合せや会議など、LINEをチェックできない時間にあなたからのLINEの連投。

連投されたメッセージの羅列はもはや軽いホラー。そこはかとなく漂うストーカー臭に思わず返信を躊躇うこと確実でしょう。

大人男性はLINEをこまめにチェックしている人の方が希少。

たとえ未読状態が長く続いたとしても、そこは焦らず待つか、本当に心配なら電話をかけてみるなど、別のコミュニケーションツールで確認するのがベターです。

■CASE3 夜中のポエム

夜のラブレター効果と言われるように、夜中は感情が高ぶりやすい時間帯。思わず切なくなってポエミ―なメッセージを送ってしまうこともあるでしょう。

けれど、既読が着いたら取り消し不可能なLINE。爽やかに目覚めた彼は、朝イチで目にしたあなたのポエミ―なLINEに「これ、どうやって対応したらいいの?」と戸惑うはず。そんな風に困らせないように。

■CASE4 自撮り

そろそろ気づきましょう。自撮りに対して好意的な解釈ができた時代は終焉しています。

すっぴん風もシャンパングラス片手のキメ顏も鏡越しの自撮りも「自己承認欲求強いんだね」という印象しか与えません。

加工で盛った自撮りを送られた彼は「美人だね、かわいいねのコメント以外の正解あるの?」というプレッシャーにさらされてしまいます。

自撮り写真は彼から「送って」というリクエストがあったとしてもトラップトークと踏まえ、喜び勇んで自撮りを送らずに「今度ふたりで撮ろうね!」と丁重にお断りしましょう。

■CASE5 酔ってまーす

わかります。やってしまいますよね。だって私もお酒大好きだから。

でも、お酒を飲んでいない人からしたら、彼であろうが、友達だろうが、笑って許してくれるのは1〜2回と覚えておきましょう。

飲みに行って、酔っ払うと彼に会いたくなってしまう気持ちも十分わかります。けれど、酔っていない彼にしたら、そのテンションへの共感度数は0です。

■CASE6 悲観

これは本当に困ります。文字で伝えられる悲しい思いは、「これ、どうしたらいい!?」と焦って心臓がバクバクするくらいのプレッシャーを与えてしまいます。

「ひょっとしたら死んでしまうのでは?」「何があったの?」「どうしたの!?」

彼からすると、LINEで返信するようなことじゃないと、焦って電話をしてくるかもしれません。

でも、結構こういう悲観したLINE送る方は、送ったらそのまま寝落ちして気づかずってパターンが多いんですよね。

ホントにやめてあげて。

■CASE7 相談

相談の内容にもよりますが、重たい相談はLINEでするものではありません。

重たい内容の相談LINEをもらった彼は「どういう回答が正解なんだろう」と悩むでしょう。 

相談したいことがあれば、直接会ったときに相談しましょう。けれど、相談があるということ自体はLINEで伝えてもOKです!

■CASE8 悪口

何度も言うようにLINEは「記録」として残ることをお忘れなく。

あなたの誰かに対する悪口に対し、彼はYESもNOも記録に残すわけにはいかないのです。LINEでは記録に残ってもいいデータしか残さない。これがマナーです。

■こちらもおすすめ

【別れの危険度がわかる】彼から届いたモヤモヤLINE実例

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article